ヤニス・アデトクンポが NBA 2018-19シーズンのMVPを獲得

トロント・ラプターズの初優勝で幕を閉じた2018-19シーズンのNBA。八村塁のワシントン・ウィザーズ入団や16年ぶりに開催される「NBA Japan Games 2019 Presented by Rakuten」を控え、現在最も注目されているスポーツと言っても過言ではないだろう。そんな期待の高まる来季を前に、今シーズンを総括するレギュラーシーズン個人賞の授賞式「2019 NBA Awards」がアメリカ・カリフォルニア州ロサンゼルス開催された。

最注目のMVPはミルウォーキー・バックスをリーグ最多勝に導いたGiannis Antetokounmpo(ヤニス・アデトクンポ)が受賞。昨季MVPであるヒューストン・ロケッツのJames Harden(ジェームズ・ハーデン)との接戦が予想されたが、蓋を開けてみれば1位票を78票獲得したGiannisに対し、Hardenはわずか23票と差が開く結果に。バックスの選手としてMVPを獲得するのはKareem Abdul-Jabbar(カリーム・アブドゥル=ジャバー)以来2人目。現在24歳のGiannisはDerrick Rose(デリック・ローズ)、LeBron James(レブロン・ジェームズ)に次ぐ史上3番目に若いMVPプレイヤーとなり、元フェニックス・サンズのSteve Nash(スティーブ・ナッシュ)に並び、最も低いドラフト指名順位(1巡目15位)からのMVP獲得となった。

惜しくも2年連続の受賞は逃したが、歴史的な活躍を続けるHardenは、MVP投票において直近5シーズン中4シーズンで2位以内をキープし、ここ数年の圧倒的な支配力が際立つ。その他、最優秀ディフェンス賞はユタ・ジャズのRudy Gobert(ルディ・ゴベア)、最優秀新人賞はダラス・マーベリックスのLuka Doncic(ルカ・ドンチッチ)が受賞。Doncicはマブスの選手として1995年のJason Kidd(ジェイソン・キッド)以来の2人目の新人王であり、平均20得点、5アシスト、5リバウンド以上を記録した史上5人目のルーキーとなる(ちなみのその5人全員が新人王を獲得している)。最優秀コーチ賞は、バックスのMike Budenholzer(マイク・ビューデンホルツァー)、最も成長した選手に贈られるMost Improved Player(MIP)は、ラプターズ初優勝に大きく貢献したPascal Siakam(パスカル・シアカム)、最優秀控え賞であるシックスマン賞は、ロサンゼルス・クリッパーズのLou Williams(ルー・ウィリアムズ)が3度目となる受賞。これはJamal Crawford(ジャマール・クロフォード)と並び歴代最多タイ。「2019 NBA Awards」の詳細はこちらからご確認を。


『HHHYPE』がお届けするNBA関連のニュースもお見逃しなく。