Rezvani が“地球最強SUV”の異名を持つプロダクションモデル Tank 2020 を発表

“地球最強SUV”の異名を持つ「Rezvani(レズヴァニ)」の代名詞、Tank(タンク)より、2020年のプロダクションモデルが遂にベールを脱いだ。

「Rezvani」は、クルマ業界の博識者たちに「Mercedes-Benz(メルセデス・ベンツ)のGクラスは比較対象にさえならない」とまで言わしめた新型Tankを「究極のユーティリティービークル」と形容する。ボンネット下には、スーパーチャージャーを組み合わせることで1000馬力を発揮するDodge Demon(ダッジ・デーモン)の6.2リッターV8エンジンを搭載。また、「FOX(フォックス)」製のスペシャルサスペンション、16インチ/8ピストンのキャリパーブレーキ、航空機の機体にも使用されるT6061アルミニウム合金のホイールなど最高品質のパーツにより、過酷な路面でも圧巻のパフォーマンスを実現した。

そのミリタリーなエクステリアから想像できるとおり、Rezvani Tankは完全な防弾装甲、電磁パルス保護、熱暗視など、ミススペックの技術を採用。フロントガラスの上部には、夜間走行での可視性を高める高輝度LEDが装備されているほか、インテリアにも加熱/冷却可能なシート、7.9インチのインフォテインメントスクリーン、「Focal(フォーカル)」のサウンドシステムと細部にまで一切の抜かりがない。

この世に存在する一般販売モデル史上最強のRezvani Tank 2020年モデルは、現在「Rezvani」のオフィシャルサイトにてオーダーを受付中。価格は155,000ドル(約1,640万円)から。

『HHHYPE(ハイプビースト)』がお届けするそのほかのクルマ情報は、こちらから。