今すぐ観ておきたい注目のサッカードキュメンタリー 5 選

世界中のフットボールファンが待ち望んでいた2019-2020シーズン開幕の季節がやってきた。すでにプレミアリーグ(英)とリーグ・アン(仏)は今月初旬、ラ・リーガ(西)とブンデスリーガ(独)は中旬から開幕しており、セリエA(伊)ももう間もなく開幕を迎える。そんな新シーズンをより一層盛り上げるべく、本稿では「Amazon(アマゾン)」のPrime Video(プライムビデオ)および「Netflix(ネットフリックス)」にて、現在配信中のフットボールドキュメンタリー作品から、注目の5作品をリストアップ。選手やクラブの華やかな一面だけでなく、その裏に隠された苦悩や葛藤、挫折などをありのままに描いたドキュメンタリーとなっているので、コアなフットボールファンはもちろんのこと、馴染みのない方にとっても十分楽しめること間違いなし。早速その作品概要とトレーラー映像を下記からチェックしてみよう。

『オール・オア・ナッシング ~マンチェスター・シティの進化~』(Prime Video)

公開年:2018年
概要:ドキュメンタリー番組として初めてイングランド、プレミアリーグのマンチェスター・シティに密着。2017~18年のプレミアリーグで歴史的な勝利を飾るまでの全行程を追った。ロッカールームでの監督ペップ・グアルディオラの熱弁や、スター選手たちのピッチ内外での様子など、普段は決して目にすることのできない世界最高峰のプロサッカークラブの内情がついに明らかになる。(Prime Videoより)

『ディス・イズ・フットボール』(Prime Video)

公開年:2019
概要:サッカーが世界にもたらした多大な影響を見てゆく、感動的な6つのドキュメンタリー。インドのストリートから、内戦後のルワンダの野原、チャンピオンズリーグのピッチまで、世界規模で描くシリーズだ。サッカーにまつわる数奇な物語や、国と国をつなげ、世代を超えて感動をもたらし、人々の心をひきつけるサッカーの力を伝える。(Prime Videoより)

『アントワーヌ・グリーズマン:レジェンドの誕生』(Netflix)

公開年:2019
概要:小柄な体格を理由にフランス中のクラブに入団を拒否された少年時代から2018年ロシアワールドカップの優勝まで、アントワーヌ・グリーズマンの栄光と挫折を描いたドキュメンタリー。本人へのインタビューに加え、父親、フランス代表監督のディディエ・デシャン、アトレティコ・マドリード監督のディエゴ・シメオネ、元アドバイザーのエリック・オルハッツなどの証言をもとに、世界のトップで活躍し続けるグリーズマンの素顔を浮き彫りにする。(Netflixより)

『栄光のチーム:ユヴェントス』(Netflix)

公開年:2018
概要:国内タイトル7連覇、そしてチャンピオンズ・リーグ優勝に向け走り出した、イタリアの名門ユベントス。ピッチの外で見せる選手たちの素顔も交えながら栄光への軌跡を追う。(Netflixより)

『Make Us Dream』(Prime Video)

公開年:2018
概要:スティーブン・ジェラードはリバプールFC史上最高の選手として迎え入れられるも、その頃クラブは低迷期にあった。有名なサッカークラブを再び王座へと導くことが彼の使命となる。その忠誠心ゆえに、リバプールファンにとって神のような存在となっていくが、一方で彼が引き受けたものの重さは計り知れず、ファンや自分自身の期待に応えようと、とてつもない責任を背負う。(Prime Videoより)