A.P.C. のコラボ企画 “INTERACTION” 第5弾のパートナーは Carhartt WIP

〈A.P.C.(アー・ペー・セー)〉が外部コラボレーターを迎えて2019年より展開しているプロジェクト“A.P.C. INTERACTION”。同プロジェクトは、ラッパーのKid Cudi(キッド・カディ)、スタイリストのSuzanne Koller(スザンヌ・コラー)、アートクリエイティブ集団〈Brain Dead(ブレイン デッド)〉、カルト的な人気を誇るブランド〈JJJJound(ジョウンド)〉と、これまでに4組のコラボレーターを迎えてカプセルコレクションを発表してきた。第5弾となる今回のコレクションのパートナーに招聘されたのは、アメリカ発の老舗ワークウェアブランド〈Carhartt(カーハート)〉から派生したヨーロッパ発のカジュアルライン〈Carhartt WIP(カーハート ワークインプログレス)〉。

両ブランドは、2011年から2013年にわたり4度のコラボレーションを行っており、今回のコラボコレクションも自然な流れで実現したという。今回のコラボコレクションは、〈Carhartt WIP〉のアイコニックなアイテムに焦点を当て、それらを〈A.P.C.〉で素材で製作している。例えば、本来頑丈なキャンバス生地素材を使用したクラシカルなMichigan Chore Coatは、軽めのキャンバス生地で提案。〈Carhartt WIP〉定番のビーニー帽は、カシミヤを混紡し、上質な仕上がりに。また、パッチポットやウォッシュドデニムから着想を得た、ワークディテールを取り入れたレディースアイテムは今回のコレクションのハイライト。Tシャツ、スウェットシャツ、パーカーは、カーキグリーン、 ブルーそしてグレーのカラーリングで、ユニセックス仕様で展開。ウエストバック、トートバック、バックパック、ウォレット、キャップなどの小物も充実。2パターンのブレスレットオプション(ブラックまたはカーキ)が選べる腕時計もラインアップ。全てのアイテムには、〈Carhartt WIP〉を象徴する“C”が〈A.P.C.〉のロゴに組み込まれたスペシャルなコラボロゴが施されている。
フォトグラファーのMatteo Montanari(マッテオ ・ モンタナーリ)が撮影し、パリ、アントワープ、ロンドンの〈A.P.C.〉と〈Carhartt WIP〉のスタッフがモデルとして出演したキャンペーンヴィジュアルも注目だ。

本コラボコレクションは、1月10日(金)より〈A.P.C.〉及び〈Carhartt WIP〉の直営店、公式オンラインストアを含むすべてのコレクションショップにて販売開始。

『HHHYPE』がお届けするその他最新のファッション情報もお見逃しなく。