adidas CEO が売上低迷の Reebok の売却を拒否

英『Reuters』社のレポートによると、〈adidas(アディダス)〉のCEOであるKasper Rorsted(カスパー・ローステッド)は年次総会にて、同ブランド傘下の売上低迷が続く〈Reebok(リーボック)〉の売却はしないと発表したという。一部の株主は〈Reebok〉の売却を求める声を上げているが、Rorstedは再建計画により再び収益を回復することができると考えており、総会にて「我々はReebokの戦略的地位に強い自信を抱いており、売却するつもりはありません。我々の方策は必ず成功すると確信しています。」と話した。