中国・上海で開催された adidas Originals x have a good time ローンチイベントの様子をお届け

『HHHYPE』でも既にお伝えした通り、去る10月25日(木)にグローバルで発売を迎えた〈adidas Originals(アディダス オリジナルス)〉と〈have a good time(ハブ ア グッド タイム)〉によるコラボコレクション、“adidas Originals by have a good time”。リバーシブル仕様のトラックトップ&パンツ、Tシャツ、スニーカーのSamba(サンバ)からなる同コレクションは店舗によっては発売日に完売してしまうほどの高い人気ぶりを見せたいま話題のコラボレーションだが、本稿では発売日翌日の10月26日(金)に中国・上海にて開催されたそのローンチイベントの様子をお届け。

いまや世界的な知名度を誇る東京発の〈have a good time〉とドイツに拠点を置く世界的スポーツメーカーによる最新コラボレーション。その両者に『Libertin DUNE』を迎えて開催されたローンチイベントの会場となったのは、中国のストリートファッションシーンを牽引するリテーラーの『DOE』だ。会場には、東京・白金の今はなきギャラリー『THE LAST GALLERY』の2Fに小さなショップとしてスタートした〈have a good time〉を世界的な人気を誇る存在へと押し上げた〈have a good time〉デザイナー兼オーナーのKEN氏や世界中から集った〈adidas〉関係者の方々をはじめ、〈have a good time〉と親交の深いというアメリカ人女性写真家のSandy Kim(サンディー・キム)やアメリカ人プロスケートボーダーのJerry Hsu(ジェリー・スー)も集結。その他に中国のストリートカルチャーシーンを支えるキーパーソンたちも姿を見せ、会場内で振る舞われた缶ビールを片手に各々が話に花を咲かせていた。

まずは我々『HHHYPE』が会場内に潜入して切り撮ったそのローンチパーティーの様子を上から確認してみてほしい。東京・原宿の『アディダス オリジナルス フラッグシップ ストア トウキョウ』においてもKEN氏によるイラスト展示を含むインスタレーションが10月末まで開催中となっているので、原宿を訪れた際にはそちらにも是非足を運んでみてはいかがだろうか。“adidas Originals by have a good time”の詳細もこちらからいま一度チェックしておこう。