adidas Skateboarding からマーク・ゴンザレスとの20年に渡るパートナーシップを記念した Aloha Super の新色モデルが登場

〈adidas Skateboarding(アディダス スケートボーディング)〉から、同ブランドとGonz(ゴンズ)ことMark Gonzales(マーク・ゴンザレス)との20年に渡るパートナーシップを記念したスケートシューズ Aloha Super(アロハスーパー)の第2弾がリリースされる。

2018年に初登場した今モデルは、Mark Gonzalesが1998年にドイツ・ブラウンシュヴァイクの美術館内で行ったスケートボードパフォーマンスの際に着用していたフェンシング用シューズ adiStar(アディスター)がベースとなっている。今回の新カラーウェイは、1991年に発表されたスケートクリップ『VIDEO DAYS』にて、Gonzalesがオーリーをした伝説的なスポットであるサンフランシスコのウォーレンバーグ(Wallenberg)にオマージュを捧げる配色に。スエードとレザーで構成された本モデルは、インソールやシュータン部に用いられたサーモン色がウォーレンバーグに差し込む夕日、スリーストライプに用いられたブラックがウォーレンバーグのアスファルトをイメージしているという。Aloha Superの第2弾カラーは11月2日(土)発売、価格は12,000円(税別)となる。取り扱い店舗は、『FTC TOKYO』『Shred』〈Supreme(シュプリーム)〉の渋谷店、原宿店、大阪店および〈adidas〉の公式オンラインストアを予定している。

『HHHYPE』がお届けするその他最新のフットウェア情報もお見逃しなく。