近日発売が見込まれる YEEZY 500 High “Slate” にクローズアップ

Kanye West(カニエ・ウェスト)と〈adidas Originals(アディダス オリジナルス)〉によるコラボライン〈adidas + KANYE WEST〉の隠れ人気モデル YEEZY 500。そのハイカット版となるYEEZY 500 High “Slate”の存在は、既にKourtney Kardashian(コートニー・カーダシアン)らKanye周りのセレブリティが着用していたこともあり、ご存知の方も多いであろう。発売前ではあるが、ストリートウェア/スニーカーのマーケットプレイス『Stadium Goods』が、一足早く今モデルのディテールに迫るフォトセットを公開した。

同モデルは、1999年に登場したKobe Bryant(コービー・ブライアント)の3代目シグネチャー KB8 3と同様の“adiPRENE”ソールやアッパーを構成するスエードなど、概ねローカット版の特徴を受け継いでる。大きな違いといえば、アッパーの一部に用いられていたメッシュ素材がネオプレーンに置き換わっていることだろう。またヒールの一部にレザーが使用されている。YEEZY 500は、これまでにNick Young(ニック・ヤング)やP.J. Tucker(PJ・タッカー)といったNBA選手が公式試合で着用していたこともあるモデル。ハイカットとなったことで、今後よりオンコートでも着用される機会が増えるかもしれない。

YEEZY 500 High “Slate”は現在のところ、12月14日(現地時間)に発売日が設定されているが、既に『Stadium Goods』では680ドルで販売中。一般販売が待てない方はそちらをチェックしてみてはいかがだろうか。

〈adidas〉とフランスのプロゲーミングチームがチームアップしたコラボフットウェアはチェック済み?