Adobe が人工知能を搭載したスマホ向けカメラアプリ Photoshop Camera を発表

去る11月4日(現地時間)にアメリカ・ロサンゼルスで開催された「Adobe(アドビ)」社のクリエイティブカンファレンス「Adobe MAX 2019」にて、iOS/アンドロイド用カメラアプリ『Photoshop Camera』が発表された。

この『Photoshop Camera』とは、“Adobe Sensei”と呼ばれる人工知能が、スマートフォンで撮影した写真に自動で最適な補正を施すカメラアプリ。被写体や周囲の状況などを“Adobe Sensei”が認識すると、さまざまなエフェクトが表示され、ユーザーはその中から自分好みのオプションを選択することができる。さらに、『Photoshop Camera』で撮影した写真を、PSDファイルとしてエクスポートすれば、デスクトップ版の『Photoshop』でも編集が可能に。ちなみに、同アプリの画像処理はオフラインで行われるため、各ユーザーが撮影した写真が同社に共有されることはない模様。同アプリを十分に使用するためには、iOS12もしくはAndroid9以上が必要となる。

同社のCTO(最高技術責任者)である Abhay Parasnis(アベイ・パラスニス)は、「Photoshop Cameraの中核となるのは、プロだけでなく、すべての人の創造性を発揮できるかどうかという点でした」とコメントし、同アプリがデザイナーをはじめとする従来の「Adobe」ユーザーだけでなく、一般的な消費者を取り込むことを目的に制作されたことを明らかにした。

こちらの『Photoshop Camera』は、2020年に無料でリリース予定。現在プレビュー版がリリースされているので、気になる方はこちらからチェックしてみてはいかがだろうか。

あわせて「Apple(アップル)」が将来的に打ち出すであろうサブスクリプションサービスも確認しておこう。