Aēsop より日本古代の森からインスピレーションを得た新作フレグランス Hwyl が登場

日本でも高い人気を誇るオーストラリア・メルボルン生まれのスキンケアブランド〈Aēsop(イソップ)〉より、ブランドとして3つ目となるフレグランス“Hwyl(ヒュイル)”が登場。9月25日(月)より12,400円(税抜)で各〈Aēsop〉直営店や百貨店カウンター、オンラインストアにて発売開始となる。

その新作フレグランスである“Hwyl”を手掛けたのはフランス人調香師、Barnabe Fillion(バーナベ・フィリオン)という人物。そしてそのインスピレーション源となったのは日本の森林と青々とした苔寺の庭とのことで、スモーキーな印象の香りは、アロマティックなスパイスと、フレッシュなタイムの折り重なった香りへと穏やかに変化していく。

発売日は先述の通り9月25日(月)。自分用にもギフト用にもぴったりなユニセックスで使用できる新作フレグランスの香りを是非一度体感しに販売店に足を運んでみてはいかがだろうか。