2019年10月発売とされる Air Jordan 1 “Shattered Backboard 3.0” の実物ビジュアルが浮上

数々の名作とされるモデルが複数存在する今日のスニーカーシーンにおいて、特に高い人気を誇る〈Jordan Brand(ジョーダン ブランド)〉ひいては〈Nike(ナイキ)〉によるAir Jordan 1(エアジョーダン1)。ハイカットモデルはことさらに人気を集めていることはスニーカー好きの方であれば百も承知だろうが、今回はまだ発売されていないAJ1 Retro High OG “Shattered Backboard 3.0”モデルの姿を捉えたとされる新着ビジュアルの数々をご紹介。

“Shattered Backboard(=粉々になったバックボード)”という言葉が意味するのは、1985年にMichael Jordan(マイケル・ジョーダン)がエキシビションゲーム内にて見せたバックボードを破壊したダンクシュートのこと。その際にJordanが着用していたユニフォームをインスピレーション源にオレンジ/ブラック/ホワイトのカラーリングが採用され、これまでにも複数回に渡ってオレンジ/ブラック/ホワイトの配色を用いたAJ1が“Shattered Backboard”シリーズとしてリリースされてきた。

そして2019年10月発売とされる“Shattered Backboard 3.0”がそのシリーズ最新作。アッパーをオレンジ/ブラックの2色で構築し、ソールはビンテージ調の黄みがかったホワイトのものを搭載。アッパー全体を光沢感のある素材で仕上げた1足の姿が、いち早く手にすることのできたと思われる人たちのInstagram投稿によって確認できる。

まずはその新作と思しき1足の姿をチェックしてみよう。日本国内の展開についてはまだ一切の詳細が不明なので、気になる方は新着情報をお見逃しなく。『HHHYPE』がお届けするその他の最新フットウェア関連ニュースの数々はこちらから。