大友克洋 x 河村康輔 x 渋谷PARCO “AKIRA ART WALL” 最終回がスタート

今秋、いよいよ待望の全面リニューアルオープンを迎える『渋谷PARCO』だが、その建て替え工事仮囲いを利用して展開されている“AKIRA ART WALL”の最終回がスタートした。

日本漫画界の巨匠である大友克洋、そして同氏と交友が深いコラージュアーティストの河村康輔と共に2017年10月より展開する本プロジェクトは、漫画『AKIRA(アキラ)』が2020年の東京オリンピックを予言していたということもあり世界的な注目を集め、2018年度にはグッドデザイン賞を受賞。また、この企画は『HHHYPE(ハイプビースト)』が昨年開催した大規模オフラインイベント「HYPEFEST」にも出展し、その際にも多くの来場者が作品を一目見ようと足を止めていた。第3章にしてファイナルとなる今回は、過去最大の大きさで『渋谷PARCO』のアートウォールが『AKIRA』の作品で埋め尽くされることになるという。

実施期間は、2019年初夏までを予定。ペンギン通り、スペイン坂突き当り、公園通り左側、公園通り中央のすべてが『AKIRA』一色に染まっているので、是非期間中に渋谷を訪れ、その作品を間近で堪能してみてはいかがだろうか。

この機会に、『AKIRA』のアートウォールやKanye West(カニエ・ウェスト)、〈Supreme(シュプリーム)〉とのコラボレーションなどを語った大友氏と河村氏のインタビューもチェックしてみてはいかがだろうか。