UPDATE:ハリウッド実写版『AKIRA』の製作はやっぱり中止か?

UPDATE(2019/12/13):先日、『AKIRA』ハリウッド実写化の実現に向け、前向きなコメントを残していたTaika Waititi監督であるが、ここに来てさらなるアップデートが。既に製作の無期限延期が発表されていた同映画だが、当初の公開予定日は2021年の5月21日。しかし「Warner Bros.」の発表した最新の映画公開スケジュールから『AKIRA』そのものが影も形もなくなっている模様。後釜として先日発表された『マトリックス 4』が5月21日公開に組み込まれている。『AKIRA』が完全に製作中止となったのか、さらなる延期なのかは定かではないが、今後の続報にも要注目だ。

ORIGINAL(2019/10/23):無期限の製作延期が報じられていた『AKIRA(アキラ)』のハリウッド実写化プロジェクト。同作の監督を務めるTaika Waititi(タイカ・ワイティティ)が、別映画のプロモーションの際に本件に関する新情報を漏らした。

当初2021年5月21日に公開される予定だった実写版『AKIRA』だが、2019年7月上旬に「Warner Bros. Pictures(ワーナーブラザーズピクチャーズ)」が同作の無期限延期を発表。Waititiによれば、製作チームは脚本の執筆にかなり熱心に取り組んでおり、脚本の遅れが今秋から予定されていた撮影の後ろ倒しの要因となったことを明らかにした。また、このずれ込みが、同じくWaititiの脚本製作、監督による『マイティー・ソー』最新作の製作期間とのバッティングし、『AKIRA』の無期限延期が決定したとのこと。ただし、同監督は「私たちはまだやるつもりだ」とファンを安心させるコメントも残しており、『マイティー・ソー』最新作の製作終了後、『AKIRA』の実写化プロジェクトを再開させるとしている。監督のWaititiは上述のようにコメントしているが、撮影の開始時期や新たな公開日に関して未だ公式発表はされていないため、今後の動向に注目する必要がありそうだ。

「Marvel Studios(マーベル・スタジオ)」の女性ヒーロー陣が集結する映画製作に関するニュースはチェック済み?