築53年80坪の日本家屋をリノベーションした岐阜県の田の字の家

滋賀の建築設計事務所「ALTS DESIGN OFFICE(アルツデザインオフィス)」が、栗東市下戸山にある築53年80坪の日本家屋をリノベーションした。同社曰く、今回のプロジェクトでは、53年前の日本家屋を新しい生活の場として次の世代へ住み継がれていくことをコンセプトに、古く良きモノと新しいモノとを調和させ、そこに中間領域を織り交ぜたような住宅を目指したという。増改築部分を取り除き、本来の日本家屋の様式である田の字型の空間に戻すことで奥行きが生まれ、元々和室だった部屋も坪庭へと一変。また、縁側を外部に見立てたりすることで様々な要素が織り交ざりあう心地よさを作り出すことに成功している。デザイン面に注目すると、新旧の木材によるコントラストがモダンな温もりを与え、その他の建材も景観にぴたりとはまる無機質なものをチョイス。加えて、天井を吹き抜けにすることで、縦にも開放感が生まれ、2階のスペースは読書などを楽しむ趣味の空間としての機能を持たせた。

周囲に田園風景が広がる新たなカタチの日本家屋。室内の様子は上のフォトギャラリーから、「ALTS DESIGN OFFICE」のその他のプロジェクトはこちらからご確認を。

日本建築界の次世代を担う鈴木理が手がけた四季折々の表情を魅せるデザイナーズハウスや、ロシアの閑静な住宅街に誕生した白を基調とするミニマルなアパートなど、その他の建築ニュースもあわせてチェックしてみてはいかがだろうか。