Amazon が売れ残り品を慈善団体へ寄付する新プログラムをスタート

「Amazon(アマゾン)」が売れ残り商品を慈善団体へ寄付する“Fulfilled by Amazon Donations”をスタートする。かねてから「Amazon」による売れ残り商品の廃棄は問題視されており、2018年にはフランス国内だけで倉庫内にある300万以上の売れ残りプロダクトを廃棄されたとも報じられていた。

9月1日(現地時間)から実施される本プログラムは、アメリカとイギリスにある「Amazon」の倉庫にて在庫を預かっているサードパーティ企業の売れ残った全商品が慈善団体へ寄付されるという趣旨のもの。マーケットプレイスで製品を販売する売り手にとって本プログラムはデフォルトのオプションとなるが、解除も可能な模様。今回の発表に際し、『Amazon』のディレクターAlice Shobe(アリス・ショーベ)氏は「製品を必要としている人々の手に渡すことが、生活を変え、地域コミュニティを強化する」とコメントしている。

「Amazon」の自動配達ロボットはチェック済み?