Anker よりハンディサイズに最先端機能を詰め込んだ新作モバイルプロジェクター Nebula Capsule ll が登場

「Anker(アンカー)」より、世界で初めてAndroid TVを搭載したモバイルプロジェクターとしてNebula Capsule llが登場。本日6月7日(金)より『Amazon』などにて発売を迎えた。

“Nebula Capsule”シリーズの最新機種としてリリースを迎えたNebula Capsule llの魅力は、どこにでも持ち運べるハンディサイズのコンパクトボディに凝縮された最先端の充実機能。「Google」が提供するスマートテレビのプラットフォームであるAndroid TVを搭載することによって、ネット環境があればNebula Capsule ll単体で『YouTube』や『Amazon Prime Video』、『Netflix』をはじめとする動画や音楽、ゲームなどの3,600以上のアプリへのアクセスが可能に。性能面でももちろん進化を遂げており、最大100インチの大画面を200ANSIルーメンの明るさと720Pの高解像度で映し出し、そしてスピーカーも安心の「Scan-Speak®」社設計のものを採用。大迫力の大画面&臨場感あふれるサウンドをこのコンパクトサイズの1台で実現している。

さらには煩わしい焦点の調整を楽にするオートフォーカス機能も搭載され、350ml缶をひとまわり大きくしたようなコンパクトサイズ&持ち運び可能なモバイル仕様ともなればキャンプや旅行など、これからのレジャーシーンにも大活躍間違いなしのNebula Capsule ll。『Amazon』上では発売開始記念キャンペーンとして台数限定で2,000円オフの57,800円(税込)で販売中(本稿執筆時点)となっており、2,000円オフは60台限定とのことなので、気になる方はお早めに。

『HHHYPE』がご紹介するその他のテック関連ニュースの数々もお見逃しなく。