Anker より容量10000mAhの新作薄型&コンパクトモバイルバッテリー計2製品が登場

「Google(グーグル)」出身者が2011年に設立した「Anker(アンカー)」の代名詞とも追っても過言ではないモバイルバッテリーカテゴリーより、最新の給電規格であるUSB Power Delivery(以下 USB PD)に入出力とも対応した大容量モバイルバッテリーが計2製品登場。ともに8月16日(金)より発売開始となる。

今回発売を迎えるのは、スリムタイプのAnker PowerCore Slim 10000 PD(上スライド1枚目)とコンパクトタイプのAnker PowerCore 10000 PD Redux(上スライド2枚目)の2つ。両製品ともに最大18Wの入出力が可能なUSB Type-Cポートと「Anker」による独自技術のPowerIQを搭載した最大12W出力のUSB Type-Aを備え、ほぼ全てのUSB機器がフルスピードで充電可能となっている。

大きく異なるのはそのデザインとサイズであり、スリムタイプのAnker PowerCore Slim 10000 PDは人間工学に基づいて計算された約1.4cmの厚みとフォルムにより、大容量ながらスマートフォンと重ねて持つこともでき、⻑時間の使用でも負担を感じにくいデザインに。一方のコンパクトタイプのAnker PowerCore 10000 PD Reduxは世界最小&最軽量クラスのコンパクトボディ(Anker社調べ)となり、手に吸い付くような曲線デザインで持ち運びに便利なデザインとなっている。サイズと重さの比較は以下の通り。

Anker PowerCore Slim 10000 PD
サイズ:約149×68×14mm
重量: 212g

Anker PowerCore 10000 PD Redux
サイズ:約106×52×25mm
重量:約192g

気になる価格はスリムタイプのAnker PowerCore Slim 10000 PDが3,999円(税込)、コンパクトタイプのAnker PowerCore 10000 PD Reduxが4,299円(税込)。スリムタイプのAnker PowerCore Slim 10000 PDのみ『Amazon』上では発売記念セールとして1000個限定10%OFFの3,599円(税込)となっているので、モバイルバッテリーの購入た新調を検討していた方は購入を検討してみてはいかがだろうか。

『HHHYPE』がお届けするその他の最新テック関連ニュースの数々もお見逃しなく。