iPhone 限定の世界的フォトコンテスト 2019 iPhone Photography Awards の受賞作品が発表

iPhoneで撮影された写真のみを対象とするフォトコンテストの2019年版、“2019 iPhone Photography Awards(以下IPPA)”の結果が発表。グランプリを含む“Photographer of the Year”が発表されたほか、計18カテゴリーにおける受賞作品の数々が明らかとなった。

2007年にスタートし、今年で第12回目の開催となる“IPPA”。先述の通り、応募対象となる作品は「Apple」製スマートフォン端末のiPhoneシリーズを用いて撮影された作品のみであり、受賞作品は選考メンバーによる度重なる審査のうえに応募作品のなかから決定される。そして2019年の“IPPA”にも140を超える国と地域から数千の応募作品が集い、見事今年のトップとなる“Photographer of the Year”のグランプリに輝いたのは、“Big Sister”という作品を撮影したイタリアのGabriella Ciglianoという人物。次いで“Sea Stripes”を撮影したポルトガルのDiogo Lageという人物が1位の順位で、“Sorry, no movie today”を撮影したロシアのYuliya Ibraevaという人物が2位の順位で、“Come Across”を撮影した中国のPeng Haoという人物が3位の順位で“Photographer of the Year”に輝いている。

また、“Animals(動物)”、“Architecture(建築)”、“Landscape(風景)”、“Nature(自然)”、“People(人々)”、“Sunset(サンセット)”などといった計18カテゴリーにおける1位~3位までの受賞作品も発表。ちなみに日本人としては、iPhone Xを用いてフクロウの写真を撮影したSato Yoichiが“Animals”カテゴリーにて2位に輝いている。

まずは“Photographer of the Year”のグランプリ作品および上位3作品、各カテゴリーにおける1位に輝いた作品の数々を上のフォトギャラリーより確認してみよう。その他の受賞作品については特設Webページからご確認を。

『HHHYPE』がお届けするその他の最新「Apple」関連ニュースの数々もお見逃しなく。