5G対応の新型 iPhone は2021年までお預け?

遂に2020年から次世代ネットワーク5Gがスタートするということで、「Apple(アップル)」から5G対応iPhoneが今年発売されると有力視されていた。しかしここに来て、新型iPhoneの発売時期が2021年、早くても2020年12月頃になるという噂が実しやかに囁かれている。

米トレーディング企業「Susquehanna(サスケハナ)」は「我々の調査によると、次期iPhone発売の遅れは、Appleが5G通信に必要なアンテナインパッケージ(AiP)モジュールを外部に発注せず、自社で製造することを決定したためである」と本件の背景を説明している。また、5Gと一口に言っても、通信に使用される周波数帯は大きく分けてsub-6GHzとmmWave(ミリ波帯)の2種類が存在する。2019年12月から携帯通信事業者「T-Mobile(ティー・モバイル)」が600MHz帯での5Gサービスを全米で開始したが、これは4G LTEよりもわずかに高速化しただけのsub-6GHzに該当する。一方で、私たちの生活を変えるほどのインパクトを持つと期待される5GサービスがmmWaveだ。現在では「T-Mobile」「AT&T(エーティーアンドティー)」「Verizon(ベライゾン)」からのみ提供されているこのmmWaveは、4G LTEよりも10倍高速で、多数同時接続といった大容量通信が可能となるが、その高速通信を享受するためにはセルタワーの近くで利用する必要があるといった問題点も残っている。

「Apple(アップル)」から2020年に発売される新型iPhoneは、sub-6GHzにのみ対応する機種となる模様で、期待されていた高速大容量通信が可能なmmWave対応モデルは2021年までお預けになると予測されている。ちなみに、「Samsung(サムスン)」からは、2月11日(現地時間)にmmWaveの5Gにも対応する新型モデル Galaxy S11が発売されるようだ。

〈Louis Vuitton(ルイ・ヴィトン)〉によるワイヤレスイヤホン Horizon(ホライゾン)の最新モデルはチェック済み?