2019年発売とされるハイエンド版の新型 AirPods の詳細に関する噂が浮上

2016年12月に発売を迎えた「Apple(アップル)」社による左右独立型ワイヤレスイヤホンのAirPods(エアポッズ)。日本でも発売が開始されてからしばらくは品薄状態が続くなど、その圧倒的人気は言わずもがなだが、今回その新作モデルに関する新たな噂が登場した。

『HHHYPE』でも2018年と2019年に2つの異なる新型モデルが発売されるとの噂を過去にお伝えしたが、今回複数の海外メディアが報じているところによると、その次世代のハイエンド版AirPodsの発売は2019年内。新機能としてはノイズキャンセリング機能が搭載されるほか、かねてより期待されていた耐水性もついに備わるとのことで、現在Apple Watchが備えているような心拍モニタ機能が追加される可能性もあるようだ。

また、そのハイエンド版新型Air Podsのほかにオーバーイヤー型ヘッドホンを「Beats by Dre」ブランドではなく「Apple」ブランドのもとに製作を進めているという噂や、新型HomePodに取り組んでいるという噂も登場。「Apple」からの正式な発表は一切行われていないためにどれも確実とは言い切れないが、期待を込めて引き続き「Apple」が引き起こすイノベーションの登場を楽しみに待とう。

iPhone SEの後継機種に関する噂や「Apple」の新広告映像など、『HHHYPE』がご紹介するその他のテック関連トピックの数々もお見逃しなく。