Apple からの登場が噂されている純正ヘッドフォンに関連した新情報が浮上

MacやiPhoneなど、より良い世界を作るための優れたイノベーションを開発する「Apple(アップル)」から純正ヘッドフォンが登場するという噂があるのはご存知だろうか。現在、クパチーノのテックカンパニーはAirPodsをオーディオ機器のメイン商材としながら、「Beats Electronics(ビーツ・エレクトロニクス)」を傘下に抱え、盤石の体制を築いている。しかし、防水性のAirPodsなどとともに、今年に入ってからちらほらと“Appelの純正ヘッドフォン”という単語が聞こえ出したのだ。

『Patently Apple』が伝えたところによると、「Apple」はヘッドフォンについての特許を申請している模様。気になる特許の内容についてだが、この純正ヘッドフォンは音声通話の際、風や交通音などを含む外部音を分離する優れたノイズキャンセリング技術が搭載されるという。また、この新たなオーディオ機器は、リバーシブル仕様になるとも。リバーシブルといっても表裏があるわけではなく、これはイヤーカップが右耳か左耳なのかを自動で判断し、それに適したステレオモードに切り替わるというもので、“R(右)”、“L(左)”をいちいち確認せずに装着できるという利点があるようだ。

一部では来年にも発売される可能性があると騒がれてるが、果たして。

テック好きの皆さん、ちなみに世界初の折りたたみ式スマートフォンについてはもうチェックした?