iPhone SE 2 実機の姿を捉えた別映像が再び流出か

2018年6月にアメリカ・カリフォルニア州で開催予定の「WWDC 2018」にて発表されることが噂されているiPhone SEの後継機種、iPhone SE 2(仮)。2016年3月に発売された4インチディスプレイのコンパクトサイズのiPhone SEは、iPhoneの大型化を嫌う一部のファンから未だに絶大な支持を受けているモデルだが、今回その後継機種の実機を姿を捉えたとされる映像が流出、世界のネット上で注目を集めている。

ワイヤレス充電機能搭載や背面ガラス製、iPhone Xを一回り小さくしたようなノッチ仕様&ベゼルレスディスプレイ搭載などといった噂が錯綜するiPhone SE 2(仮)だが、今回注目を集めている映像にはガラス製のバックプレートが採用された端末の姿が。もちろんこの端末が本当にiPhone SE 2(仮)か否かは神のみぞ知る所だが、iPhone 7以降撤廃されたイヤホンジャックや、撤廃が噂されていたホームボタンの存在もその映像から確認できる。ちなみに、2018年3月に話題を集めた流出映像に映る端末とは全くの別物。

まずはその映像をチェックし、引き続き「WWDC 2018」の開催を楽しみに待とう。Instagramのダウンロード機能実装のアップデートや古代遺跡をバーチャル探検できる「Google」によるWebサイト『Open Heritage』など、その他の注目テック関連ニュースの数々もお見逃しなく。