iPhone XR の “R” の意味を Apple の役員が暴露

「Apple(アップル)」が先月中旬に発表したiPhoneシリーズの最新作、iPhone XR。当初は“廉価版”というレッテルを貼られていたが、オールスクリーンのデザイン、新しいLiquid Retinaディスプレイ、TrueDepthカメラ、Face ID、A12 Bionicなど、優れたデザインと機能性を兼備する本作は、6色展開という魅力も後押しし、予想以上の反応を得ているようだ。

しかし、iPhone XRの“R”とは、一体何を意味するものなのだろうか。iPhone SEの“SE”は“Special Edition”、iPhone 5cの“c”は“Color”というのは有名な話で、“R”についても“Revolution”を筆頭に様々な憶測があったが、これに終止符を打つかのように、「Apple」のワールドワイドマーケティング担当上級副社長のPhilip Schiller(フィリップ・シラー)が“R”の意味を暴露した。

しかし、その答えは意外にも「特に意味はない」という拍子抜けなものに。だが、「私はクルマや早く移動するものが大好きで、RやSは極上のスポーツカーなどに与えられる文字なんです」と答えており、無意味としながらもiPhone XRが「Apple」にとっての自信作を意味することを示唆している。

確かに、日本車でもGT-RやCivic Type-Rなど、各メーカーの人気スポーツカーには“R”の文字が与えらている。ちなみに、筆者が『頭文字D』で好きな台詞第3位は、中里毅の「リアサイドについてるRのバッジは不敗神話のRだ!」、というのは余談であるが、そろそろ買い替えを検討している方は是非「Apple」の直営店でiPhone XRを試用してみてはいかがだろうか。

ちなみに、噂の新型iPad Proや低価格MacBookの登場が噂されている「Apple」の新製品発表イベント開催日はご存知?