Apple が WWDC 2019 で発表した6つの新しいもの

6月3日(日本時間で4日未明)、米カリフォルニア州サンノゼにて幕を開けた「Apple(アップル)」による毎年恒例の開発者向け会議イベント「WWDC 2019」。本稿ではその初日の基調講演にて発表された計6つの新しいものをザックリ要約。きっとこれから現代人のライフスタイルに大きく影響を及ぼしてくるであろうそれらをできるだけ簡潔に要約してみたので、以下より確認してみてほしい。

iOS 13


・iPhone/iPod用の最新版オペレーションシステム
・対応機種はiPhone SE/iPod touch(第7世代)以降
・画面の眩しさを抑える“ダークモード”を搭載
・カメラ、写真、マップ、リマインダーアプリの機能強化
・Face IDやApple IDで外部サービスへのログインを可能にするセキュリティ強化機能“Sign In with Apple”を導入
・外部Webサービス登録などに用いる用のランダムなアドレスをAppleが自動生成
・AirPodsに通知の音声読み上げ機能搭載、音声入力でメッセージ返信も可能に
・iPhone等の音楽や映像コンテンツを他のAirPodsと共有可能に

iPadOS


・iOSから独立、iPadに特化した独自オペレーションシステムが誕生
・ホーム画面はiPad用の新しいレイアウトに
・“Split View”機能の強化により、同じアプリで2つのウィンドウを表示可能に
・Apple Pencilとの連携機能がより強化
・外付けドライブに対応、USBやSDカード等を簡単に接続可能に
・Safariが見やすくなると共に機能も大幅強化

Mac Pro & Pro Display XDR


・過去最高パフォーマンスを誇るプロ用Mac&モニター
・通気用の穴がたくさん空いたゴツめでメタリックな重厚感溢れるデザイン
・搭載可能最大メモリは1.5TB
・価格はMac Proが5,999USD~、Pro Display XDRが4,999USD~
・ともに今秋より注文可能

tvOS 13


・Apple TV 4K&Apple TV HD用のオペレーションシステム
・ユーザーを複数人登録できるマルチユーザー対応、簡単な操作で切り替えが可能に
・Apple Arcadeにも対応、Xbox One&PS4用もコントローラーも使用可能に
・正式版は今秋リリース予定

watchOS 6


・App Storeに対応、Apple Watch単体でアプリインストールが可能に
・健康管理、フィットネス用アプリなどが追加
・新作盤面デザイン(Watch Faces)が追加

macOS Catalina


・PC用オペレーティングシステム、macOSの最新版
・iTunes消滅→Apple Music、Apple Podcasts、Apple TVからなる3つのアプリに細分化
・新機能“Sidecar”によってiPadのサブディスプレイ/入力デバイス化が可能に
・写真、Safari、メモ、リマインダーなどのアプリ機能が向上

『HHHYPE』がお届けするその他の最新テック関連ニュースの数々もお見逃しなく。