人気急騰中の ARCHON 2019年春夏エディトリアルを独占先行公開

1stコレクションの発表で一躍注目の的となった東京発の新鋭レーベル〈ARCHON(アルコン)〉が、2019年春夏のエディトリアルを公開した。新たに制作されたフォトセットでは、今年1月に公開されたデビューコレクションのルックブックとは一線を画し、これからの季節に活躍が期待されるライトなウェアにフォーカス。トレンドの毒々しいタイダイプリントを採用したプルオーバー&スウェットパンツをはじめ、LAを拠点とする著名フォトグラファー Alexander Bortz(アレキサンダー・ボルツ)とのコラボレーションによるフォトプリントフーディ&Tシャツ、袖元にバックル付きストラップを配したテクニカルなS/S シャツ、パネルパターンショーツなど、「モードなアプローチで機能美を表現する」という〈ARCHON〉の哲学が色濃く反映された各アイテムは、デビューシーズンにもかかわらず、すでに取扱店舗で完売が相次いでいる。また、最新フォトセットでは、プロスペックのCOBRAバックルを採用したベルトやショルダーバッグなど、こだわりのアクセサリーもフィーチャーされている。

〈ARCHON〉の2019年春夏コレクションは、『ENCOREEE』や『Carnation』を含む取扱店舗にて展開中。今後の展望が期待される〈ARCHON〉からは、まもなく2ndコレクションも発表されるはずなので、今のうちに同ブランドのInstagramをフォローしておくべし。

なお、現在『SWG』では期間限定でポップアップを開催中なので、名古屋に行かれる予定のある方は是非足を運び、〈ARCHON〉の上質なアパレルをその手にとってみてはいかがだろうか。