暴行罪によって正式に起訴された A$AP Rocky の裁判が開始

スウェーデン警察による捜査の結果、暴行罪によって正式に起訴されたA$AP Rocky(エイサップ・ロッキー)。様々な物議を醸してきた本件であるが、遂に注目の裁判が開始となった。

Rockyサイドの無罪の申し立てからスタートし、正当防衛を主張。裁判の過程で、Rockyと本件訴訟の原告(19歳の男性)双方の反対尋問が行われる。被害者とされている原告は、およそ15,000ドル(約160万円)の損害賠償を求めているが、Rocky側の弁護人は、新たに2人の証人を用意しており、訴訟の流れを決定づけるに十分な証拠になり得ると述べているようだ。Rocky側は自衛のために原告を地面に投げ飛ばしたと主張しており、割れたビール瓶で殴った否かについては大きな論争となっている。『ABC News』によれば、壊れた瓶の写真が公開されているが、そこに残っているDNAはRocky及びその他被告とは一致しないことが確認されている。

また、世間の視線を集める本裁判には、40ものメディアから70名以上のジャーナリストが詰めかけ、法廷の外は混乱状態だったと報じられている。

A$AP Rockyのファンが米スウェーデン大使館を爆破すると脅迫した事件はチェック済み?