世界のクリエイティブなアスリートたちがシンガポールの SMSB イベントに集結

各国に参加者を持つSound Mind, Sound Body(SMSB)コミュニティがシンガポールに集結。クリエイティブなスポーツイベントを開催した。creativity、movement、community、mindfulnessの4つの柱を掲げ行われたイベントでは、様々な分野で活躍する人々をリーダーに迎え、ワークショップなどを通じて各地から集まった参加者たちが交流。フィットネスやライフスタイルへのより深い理解と楽しみ方を提案する〈ASICS(アシックス)〉らしい取り組みが3日間に渡り行われた。4つの軸として構成されたワークショップは、Mister Sabotage(ミスター・サボタージュ)によるスニーカーカスタムワークショップ、パルクールのエリート集団Storror(ストーロー)によるパルクールワークショップ、フォトグラファーJeryl(ジェリル)と巡るアーバンフォトシューティングウォーク、そしてHoliday Phillips(ホリデー・フィリップス)によるウェルネスチュートリアルだ。

さらにこのイベントの大きなハイライトは〈ASICS〉によるリレー競技。旧カラン飛行場をスタートし、カラン川に沿ってシンガポールの数々のランドマークを横目に走るハーフマラソンコースを、4つのチームで競うリレーが行われた。各所に設けられたSMSBによる応援ゾーンからの声援を受け走った4チーム。SMSB ロンドン、SMSB パリ、Storrorパルクールチームをおさえ見事勝利を手にしたのは、SMSB SEL+TYO(ソウル+東京)だった。リレーの後にはシンガポールを一望できる地上71階の『Bar Rouge』にてイベントの開催を祝した参加者たち。SMSBプログラムのメンバーであるDrew Taylor(ドリュー・テイラー)、Mark Ong(マーク・オン)、Jeremy Esteve(ジェレミー・エスティーヴ)、Naomi Clement(ナオミ・クレメント)、そして西川隼矢の5人から、このSound Mind, Sound Bodyの取り組みついてのコメントと魅力を語ってもらった。

創造性とスポーツというのは、あなたの中でどのようにリンクしてますか?

creativity、movement、community、mindfulnessと自分の人生との関わりについて教えてください。

ムーヴメントというキーワードはあなたの仕事にとって重要ですか?

健康なマインドと体を維持するのに日々欠かせないことは何ですか?

あなたが住む街はあなたのクリエイティブプロセスにどう影響していますか?