ASICS Tiger GEL-MAI の世界連動プロジェクトから mita sneakers とのコラボモデル “黒豹” が登場

1990年に〈ASICS Tiger(アシックス タイガー)〉から登場したGEL-MAIは、前足部から後足部にかけてアシンメトリーなアイレットステーを採用し、血管が集中する足の甲に掛かる無駄な負荷を軽減させるためにシューレースをアッパーサイドに配置した先鋭的なデザインで、ファッションコンシャスなスニーカーヘッズから厚い支持を得てきた。そのオリジナルカラーを踏襲したリメイクモデルのリリースに合わせて、選抜されたキーアカウントとのコラボレートモデルがリリースされる世界連動プロジェクトが始動。

国井栄之率いる『mita sneakers(ミタスニーカーズ)』から登場する“黒豹”は、2010年リリースのGEL-LYTE III “黒豹”のコンセプトをブラッシュアップし、光を浴びる角度により見え隠れするレオパード柄の特殊プリントを施したナイロンを採用。また、ミッドソールにはfuzeXにも採用されている軽量衝撃緩衝材 fuzeGELを搭載したほか、インソールにはGEL-MAIの由来でもある日本語の“舞い”から着想を得た月面グラフィックをベースに、両者のロゴマークと『mita sneakers』のアイコンであるCHAIN LINK FENCE&東京改の組み合わせを配し、エクスクルーシブモデルならではのディテールを細かな部分まで反映している。

GEL-MAI “黒豹” “mita sneakers”は、7月1日(土)より16,000円(税抜)で発売。〈ASICS Tiger〉のブランドフィロソフィを継承しながら『mita sneakers』ならではのエッセンスを紡ぎ上げた逸足をお見逃しなく。