Audi がスケートボード風デザインの4輪電動スクーター e-Tron Scooter を発表

ドイツを拠点とする高級自動車メーカーの「Audi(アウディ)」が、同社が展開するEV(電気自動車)ブランドの“e-Tron”より、自動車でもバイクでもなく、折りたたみ式電動スクーターのコンセプトとしてe-Tron Scooter(イートロン スクーター)を発表した。

e-Tron Scooterの特徴は、スクーターとスケートボードを融合させ、ハンドル付きの電動スケートボードと表現しても遜色なさそうなそのデザイン。ユーザーは体を横向きで顔を進行方向に向け、片手でハンドルを握る体勢で乗車。ハンドルのグリップ部分をひねることで加減速を行うほか、フットブレーキも搭載しているとのこと。コーナリングはスケートボードのように体重移動で行う。

機能面としては、最高速度が時速20キロ、航続距離が20キロほど。バッテリー残量はハンドル下部のディスプレイに表示され、Bluetoothを利用したスマートフォンとの連携機能も搭載。重量は12キロで折りたたみ式のため、自動車や公共交通機関に持ち込むこともできそうだ。コンセプトとして発表されたe-Tron Scooterだが、「Audi」は2020年内に限定数で2000ユーロ(約23万8000円)ほどの価格で販売する予定。このまま日本国内における公道で乗るのはまず無理だろうが、まずはその新たな乗り物を確認してみよう。

『HHHYPE』がお届けするその他の最新乗り物関連ニュースの数々もお見逃しなく。