Avicii の死因が自殺であったことを示唆する声明を家族が発表

4月20日(現地時間)に中東オマーンの首都マスカットで死亡しているところを発見された世界的DJ/音楽プロデューサーのAvicii(アヴィーチー)。世界のパーティーシーンにその名を轟かす本名Tim Bergling(ティム・バークリング)はEDM界を牽引する存在として活躍、28歳という早すぎる旅立ちは世界中の音楽ファンを悲しみに包んだが、今回彼の家族がその訃報に関する新たな声明を発表。断定的な表現はなされていないものの、その死因が自殺である示唆する内容となっている。

その声明の日本語訳は以下のようなもの。

私達が愛したティムは問いへの答えを探し続ける探求者であり、繊細でアーティスティックな魂でした。頑張りすぎてしまう性格の完璧主義者でもあり、世界を飛び回ってハードな仕事をこなすことは彼自身への強いストレスにもなりました。ツアーを中止した際には、幸せになるため、そして彼が最も愛していたこと——音楽をやるための人生における良いバランスを見つけようとしていました。そして意義や人生、幸福というものを考える上で悩んでいました。うこれ以上彼は続けることができませんでした。平穏を求めたのです。気づいたときにはビジネスという枠組みの中に閉じ込められてしまいましたが、本来彼はビジネスのために存在した人物ではありません。彼は純粋に自身のファンを愛し、スポットライトに照らされることを嫌った繊細な青年なのです。ティム、あなたはこれからもずっと愛され続け、もうこの世にいないことを寂しがられ続けるでしょう。それにあなたという人間、そして音楽は人々の中で記憶としてこれからも生き続けるでしょう。

Aviciiは2016年に健康上の理由から現場から少し離れ、昨年公開されたドキュメンタリー映像内では自身の死についても「遠くない」と口にしていた。行政からの公式報告書と詳細な死因は明らかにされていないが、事件性はないとのこと。

世界中のパーティーシーンをこれからも大いに盛り上げ続けるであろう天才に、安らかな眠りが訪れたことを改めて祈りたい。