ドレスとモードを再解釈する Balenciaga 2019年春夏の最新コレクションを一挙公開

Demna Gvasalia(デムナ・ヴァザリア)が手がける〈Balenciaga(バレンシアガ)〉が、2019年春夏ランウェイをパリの地で発表。ダッドスニーカーの火付け役となったTriple Sや、他に類を見ないレイヤードスタイルなど、昨今の一大トレンド生み出す〈Balenciaga〉の最新ランウェイに数多くのファッション業界人やセレブリティが会場に駆けつけた。

今回のコレクションはDemnaのこれまでのクリエイションと比較すると控えめな印象を受けるが、彼が築いた新生〈Balenciaga〉を象徴する肩バッド入りジャケットやタートルネックドレス、ベルベット素材を採用したアイテムは今季も健在。その一方で、コルセットレースを施したレザージャケットや襟を強調させたシングルブレストのウールコート、エッフェル塔パターンに宝石を施したトップス、ウォッシュドデニム、オーバーシャ​​ツなど、Demnaのエッセンスが色濃く落とし込まれた新顔アイテムにも注目が集まった。また、レッドやブルーなどポップな原色使いも目立ったほか、アクセサリー類はロングチェーンやミニハンドバッグが新たに登場するも、残念ながらTrackに次ぐ最新スニーカーについてはお預けとなった。

わずかながらも〈Balenciaga〉の方向転換が伺えるランウェイルックは、上のフォトギャラリーから。あわせて、Hedi Slimane(エディ・スリマン)が復活の狼煙を上げる〈CELINE(セリーヌ)〉の2019年春夏コレクションもチェックしておこう。