Balenciaga 2018年秋冬で脚光を浴びた新作フットウェアがゲリラリリース

この春、パリで開催された〈Balenciaga(バレンシアガ)〉2018年秋冬コレクションで一躍脚光を浴びた新作フットウェアがあった。チャンキースニーカー人気の火付け役としてTriple SやSpeed Trainerといった大ヒットモデルを次々生み出してきたDemna Gvasalia(デムナ・ヴァザリア)だが、今回新たに“Tee S. Gomma Trek”と名付けられた注目作が登場。

見るからに機能性がありそうなトレッキング顔を採用した本作は、全体を覆う複雑なレイヤーパネルやスポーティなソールユニットが目を引く。Triple Sから継承した異素材の共存もさることながら、一目で〈Balenciaga〉のスニーカーだと理解できるアイキャッチーな仕上がりとなっている。3つのカラーオプションで展開されるこの最新モデルは、現在『Saks Fifth Avenue』にて850ドル(約94,120円)で予約注文可能なので、気になる方は今すぐ購入しよう。

ところで、〈Converse(コンバース)〉のシグネチャーモデルをパロった〈Vetements(ヴェトモン)〉が市場に放つ落書きスニーカーはご存知?