Balenciaga が国連WFP の支援を目的としたコレクション第2弾をリリース

2018年に引き続き、〈Balenciaga(バレンシアガ)〉が国連の「World Food Programme(以下、WFP)」とチームアップしたカプセルコレクションをリリースする。

紛争や自然災害の被害を受けた人々への食糧支援や、より良い未来のための基盤づくりなど、世界80カ国以上で支援活動を行なっている「WFP」。そんな同団体とチームアップすることで、近年急増する世界的規模の飢饉に対する認知を拡大し、問題解決のための基金を募ることが本コレクションの狙いだ。昨年発表されたコレクションでは、「WFP」のロゴとそのスローガン“Saving Lives, Changing Lives”を配した数々のアイテムを展開し、収益の一部が「WFP」に寄付された。約1年ぶりに迎える今回のコラボコレクション第2弾には、両者のロゴがあしらわれたTシャツやフーディーをはじめ、パンツ、レインコート、ブラウス、ハット、ソックス、バッグなどがラインアップする。各アイテムの収益は、前回の2倍となる20%が「WFP」に寄付されるとのこと。

本コレクションは、12月より公式オンラインストアおよび世界中の直営店にて発売。

『HHHYPE』がお届けするその他最新のファッション情報もお見逃しなく。