Banksy の貴重な未公開アートワークや創作過程の秘話を収めた1冊の本が登場

先日、イギリス国内でのホームレス問題を訴えるような新たなアートワークを公開していた覆面アーティスト Banksy(バンクシー)であるが、今回そんな彼の未公開作品や制作過程を納めた書籍が発売を控えている。

“Banksy Captured”と題されたこの本を手掛けたのは、かつてBanksyのアートディーラー/代理人を務めていたSteve Lazarides(スティーブ・ラザライズ)氏。1997年、当時フォトグラファーとして活動していたSteve氏は『Sleaze Nation Magazine(スリーズ ネーション マガジン)』の撮影がきっかけで初めてBanksyに出会う。その後の約11年間、様々なストリートアートのプロジェクトを共に成功させており、現在のBanksyを創り上げた存在とも言われている。

そんなSteve氏のキュレーションによる本書は、全250ページで構成され、これまでに世に出ることのなかったBanksyによる未公開アートワークを収めた写真や作品にまつわるビハインドザストーリーを収録。そして、親友であり“右腕”であり、誰よりも身近でBanksyを支えてきたSteve本人の特別な想いを納めた1冊となっている。

世界中のアートシーンを席巻しつつも、未だに謎めいているアーティストBanksyの姿と貴重なアーカイブが垣間見える『Banksy Captured』は、現在特設サイトにて販売中。価格は25ポンドとなる。ちなみに初版は発売と同時に即完しており、その貴重な初版本は現在「eBay(イーベイ)」などのオークションサイトで600ポンドで取引されてる模様。購入を検討される方は、上記のリンクへアクセスしてみてはいかがだろうか。

『HHHYPE』がお届けするアート情報はこちらから。