Banksy が手がけるパレスチナ自治区内の The Walled Off Hotel より新作お土産アイテムが登場

その正体に関する噂は数あれど、未だその多くが謎に包まれた覆面アーティスト、Banksy(バンクシー)。社会問題などを題材にしたエシカルかつアイロニックなアート作品で知られるBanksyは、2017年3月に紛争の続くパレスチナ自治区内ベツレヘム地区に『The Walled Off Hotel』をオープンさせ、その後も同地区内に数々のアート作品をゲリラ的に描き上げ、同年9月には『Walled Off Hotel』の公式土産店をオープンさせていたが、今回そのギフトショップに新たなお土産プロダクトが追加された。

その新作プロダクトはイスラエルとパレスチナ自治区を隔てる分離壁をモチーフにしたものであり、(現実にはまだそこにそびえ立っている同紛争問題を象徴する悪名高き壁だが)それらが朽ち果てた姿を立体作品に仕上げた、平和を願うBanksyらしいコンセプチュアルなものに仕上がっている。これらのオンラインストアでは販売されず、実際の『Walled Off Hotel』内にある店舗のみにて発売中。オンライン上で販売しない点も含めてBanksyらしいその新作プロダクトを上から確認してみてほしい。

2018年3月にニューヨークの街中の突如出現し、その後悲しい結末を迎えたBanksyによる最新アート作品についてもお見逃しなく。

The Walled Off Hotel
Caritas Street 182
Bethlehem