2018-19シーズンにおける世界のサッカークラブの収入ランキングが公開

米監査法人「Deloitte(デロイト)』は、2018-19シーズンにおける世界のサッカークラブの収入ランキングである、“Deloitte Football Money League 2020”を公開した。

毎年恒例となっているこの“Deloitte Football Money League”は、サッカークラブを財務的な面から分析した調査レポートで、その中では最もリッチなクラブ Top20が発表されている。ランキングトップの座に就いたのは、スペイン王者のFCバルセロナ。1899年のクラブ創設以来初の首位となり、収益は8億4,080万ユーロ(約1,032億円)と推定されてる。また、同クラブは収益8億ユーロ(約982億円)を突破した史上初のクラブとなった。続く第2位には、昨シーズントップだったレアル・マドリード、3位にはイングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドがランクイン。収益はそれぞれ7億5,730万ユーロ(約930億円)、7億1,150万ユーロ(約874億円)となっている。4位に6億6,010万ユーロ(約810億円)でバイエルン・ミュンヘン、5位に6億3,600万ユーロ(約781億円)でパリ・サンジェルマン、6位に6億1,060万ユーロ(約750億円)でマンチェスター・シティと、欧州主要リーグ王者が順当に名を連ねた。イタリア・セリエA王者のユベントスは10位となり、その収益の大きな要因としてCristiano Ronaldo(クリスティアーノ・ロナウド)の同クラブへの加入が挙げられている。

本リストにおける上位20クラブのうち、プレミアリーグから最多となる8チームが選出。また20クラブの総収益は93億ユーロ(約1兆1,420億円)で、このうち44%が放映権、40%が商業活動、16%が試合の収益という結果に。

まずは下記より上位10クラブをチェックしてみよう。さらに気になる方は、こちらから調査レポートを確認してみてはいかがだろうか。

2018-19シーズンで最もリッチなサッカークラブ Top 10

1. FCバルセロナ – 8億4,080万ユーロ(約1,032億円)
2. レアルマドリード – 7億5,730万ユーロ(約930億円)
3. マンチェスター・ユナイテッド – 7億1150万ユーロ(約874億円)
4. バイエルン・ミュンヘン – 6億6,010万ユーロ(約810億円)
5. パリ・サンジェルマン – 6億3,600万ユーロ(約781億円)
6. マンチェスター・シティ – 6億1,060万ユーロ(約750億円)
7. リバプール – 6億470万ユーロ(約742億円)
8. トッテナム・ホットスパー – 5億2,110万ユーロ(約640億円)
9. チェルシーFC – 5億1,310万ユーロ(約630億円)
10. ユベントス – 4億5,970万ユーロ(約564億円)

あわせて、2019-20シーズンにおいて“最も市場価値のあるサッカー選手 Top 10”もチェックしよう。