カタルーニャ州旗をモチーフにした FCバルセロナ 2019-20シーズンの4thユニフォームが公開

世界最高のサッカープレイヤーLionel Messi(リオネル・メッシ)擁するFCバルセロナとそのジャージサプライヤーを務める〈Nike(ナイキ)〉から、現在進行中の2019-20シーズンにおける4thユニフォーム公開された。

先日お伝えした3rdユニフォームでは過去へのオマージュがテーマとなっていたが、今回はバルセロナが属するカタルーニャ州の旗“セニェーラ”をモチーフとして採用。イエローで彩られたボディに斜めに横切るレッドの4本縞が引かれ、カタルーニャのアイデンティティをユニフォーム全面で表現した仕上がりとなり、セットのパンツおよびソックスも同様のカラーウェイで展開される。ちなみに、本キットは特定のリーグ戦でのみ着用される予定。

本キットのプロモーションビデオに登場するSergi Roberto(セルジ・ロベルト)は「“セニェーラ”を表現する4本縞が引かれたユニフォームを着用できることは光栄です」と喜びの言葉を口にした。

FCバルセロナの2019-20シーズン 4thユニフォームは、現在バルセロナにあるオフィシャルショップ『Barca Store(バルサ ストア)』でのみ発売中。11月20日(現地時間)からは〈Nike〉などの各リテーラーにて通常販売が行われるとのことなので、気になる方は情報のアップデートを待とう。

〈adidas Football(アディダス フットボール)〉の発表した「EURO 2020」に向けた各国の新作ユニフォームはチェック済み?