BEAMS PLUS がブランド誕生20周年を記念したドキュメンタリームービーを公開

1999年にスタートした〈BEAMS PLUS(ビームス プラス)〉は、“永年着られる飽きのこない本物の男服”をコンセプトに“アメリカが最もよかった頃のスタイル”を提唱してきた。そんな同ブランドは、生誕20周年という節目に、これまでの軌跡を辿るドキュメンタリームービーを制作。

“What is BEAMS PLUS?”と題されたこの動画は、〈BEAMS PLUS〉に関わるデザイナー、ブランドやスタイリストなどのキーマンをゲストに、誕生から20年を経た現在において“BEAMS PLUSとは何なのか?”を改めて問うインタビューを中心とした内容になっている。〈Engineered Garments(エンジニアド ガーメンツ)〉のデザイナーの鈴木大器氏、アメリカ・ニューヨークに構える『Bergdorf Goodman(バーグドルフグッドマン)』のメンズファッションディレクターやスタイリストの祐真朋樹らも登場する。日本、イタリア、ロンドン、そしてアメリカなど世界中の関係者から得た証言より、ブランドの歴史と真実を明らかにしたシュートムービーを、上のプレイヤーから確認してみてはいかがだろうか。

あわせて、『BEAMS』で開催される現代アーティストTom Sachs(トム・サックス)のポップアップストア情報もお見逃しなく。