アイビーの魅力を現代的かつテクニカルに表現した BEAMS PLUS 2019年春夏コレクション

まもなくに迫る春の訪れに備え、〈BEAMS PLUS(ビームス プラス)〉が伝統と正装を好むアイビー・リーガーが持つ“幅の広さ”に着目した2019年春夏コレクションのルックブックを公開した。

今季の〈BEAMS PLUS〉は、アメリカ東海岸の名門校に由来するアイビーの断片的なスタイル的価値のみならず、その中で生活する学生や教授とその家族、そして与えられた環境と制約の中で過ごす彼らのライフスタイルやマインドを包括的に汲み取り、彼らならではのミックス・スタイルを現代的かつテクニカルなアイデアで表現。アイビーと聞くと上品なスクールスタイルばかりを想像しがちだが、イェール大学を卒業後にケニアへ移住し、優雅で野生的な半生を過ごした写真家Peter Beard(ピーター・ビアード)はアイビーとサファリを美しく融合し、John F. Kennedy(ジョン・F・ケネディ)は世界で最も人気のあるヨットレースを甲板で観戦した際、仕立てられたスーツにフライトジャケットを重ねて海風を防いでいた。また、自然を求めた若者たちは、ダウンジャケットや北欧のアノラックに、ファティーグパンツを合わせて山の生活を楽しみ、週末や休暇を別荘で過ごしたアイビー・リーガーの家族は、色鮮やかなリゾートウェアをまとい、団欒に華を咲かせていた。春夏のヒントが散りばめられた35枚のルックでは、このようなアイビーの歴史を物語り、真のアイビー文化を提案している。

ルックブックに登場するアイテムの詳細は、〈BEAMS PLUS〉のオフィシャルサイトをチェック。

続々と新作をリリースする『BEAMS』関連のニュースは、こちらからどうぞ。