Bell & Ross が米国空軍のフライトジャケットをイメージした BR03-92 MA-1 をリリース

スイスの偉大な時計製造の伝統に則りながら、宇宙飛行士、パイロット、ダイバー、地雷除去の専門家など、過酷な環境に挑むプロフェッショナルのための時計づくりを行ってきた「Bell & Ross(ベル&ロス)」の2019年春夏コレクションから、1950年代に米国空軍が開発したフライトジャケットの傑作、MA-1に着想を得たBR03-92 MA-1がリリースされた。

1958年製のボマージャケットに忠実に、マットカーキとレスキューオレンジの配色を採用した本作は、コクピットを彷彿としたセラミックケース、そして蓄光性夜光顔料Super-LumiNova®(スーパールミノバ)を使用して暗部の可視性を確保した文字盤と秒針が特徴。また、カーフスキンのストラップはカーキ/オレンジのリバーシブルになっており、一本のストラップで好みの表情に変更することが可能になっている。

999本限定生産のBR03-92 MA-1は、「Bell & Ross」の一部店舗のみで販売中。デザインおよび機能面の詳細は、こちらからご確認を。

この機会に、『HHHYPE(ハイプビースト)』がお届けするその他の最新ファッショントピックスもあわせてチェックしてみてはいかがだろうか。