HHHYPE 編集部員が選ぶ注目音楽リリース 5 選 Vol.14

ファッションやアートをはじめ、さまざまなカルチャーと密接に関わり、もはや音楽に全く触れずに日常生活を送ることはほぼ不可能といってもいいほどに現代人のライフスタイルと密接に関わる音楽。カルチャー発信メディアとして『HHHYPE』でも日々注目音楽トピックをご紹介し、2018年2月の第1週目からは『{{BRAND}}』独自の視点で選んだ注目の新曲や新盤を毎週“先週の注目音楽リリース”シリーズとしてご紹介してきたが、本稿では『{{BRAND}} JP』編集部のもう少しパーソナルな面に焦点を当てた“先週の注目音楽リリース”をお届け。

その方法は極めてシンプルに、編集部員5名がそれぞれ先週リリースされた新盤/新曲のなかから1番のお気に入りをひとつずつピックアップ。編集部員A.I.、K.H.、L.G.、Y.A.、Y.G.の5名の性格や今の気分がなんとなく反映された先週のイチ押し音楽リリースを下からチェックしてみよう。

- Selected by A.I. Tyler, The Creator -『Music Inspired by Illumination & Dr. Seuss’ The Grinch』

アーティスト:Tyler, The Creator(タイラー・ザ・クリエイター)
アルバム名OR楽曲名
リリース日:2018年11月16日
ジャンル:ヒップホップ
イチ押しポイント:2週連続で「OFWGKTA」からの選出になってしまいましたが、12月14日(金)のロードショーに先駆けて、Tylerが映画『グチンチ』にインスパイアされたホリデーEPをリリース。Ryan Beatty(ライアン・ビーティー)やSantigold(サンティゴールド)といった、いつもとは毛色の違うアーティストを客演に迎えています。Tylerっぽいのは“Big Bag”だけど、個人的には先月『Like a Baby』をリリースした宅録男子Jerry Paper(ジェリーペーパー)との“Hot Chocolate”が一番季節感があって好き。全6曲で10分とサクッと聴けるので、ちょっとした移動中などに是非。

- Selected by K.H. Anderson .Paak -『Oxnard』

アーティスト:Anderson .Paak(アンダーソン・パーク)
アルバム名:Oxnard
リリース日:2018年11月16日
ジャンル:ヒップホップ
イチ押しポイント:Kendirck Lamar(ケンドリック・ラマー)にDr. Dre(ドクター・ドレー)、J. Cole(J・コール)、Pusha T(プッシャー・T)、Snoop Dogg(スヌープ・ドッグ)、BJ the Chicago Kid(BJ・ザ・シカゴ・キッド)、Q-Tip(Q・ティップ)。客演陣のラインアップからしてツボ抑えまくりなAnderson .Paakの新盤がやっとリリースされました。ここでは便宜上、カテゴリをヒップホップにしているけど、これは新ジャンル。というかジャンルレス、もはやオーバージャンル。今年のフジロックも最高だったけど、もう1回野外で彼の音楽を聞きたいです。

- Selected by L.G. NAGAN SERVER -『NR』

アーティスト:NAGAN SERVER
アルバム名:NR
リリース日:2018年11月14日
ジャンル:ヒップホップ
イチ押しポイント:ジャンルの垣根を越えて、ジャズや電子音楽などとアンサンブルを奏でて新たなラップミュージックを確立するNAGAN SERVER。ストリートシーンでも多くのファンを持ち、日本を代表するスケートボードプロダクション〈TIGHTBOOTH PRODUCTION(タイトブースプロダクション)〉とも親交が深く、スケートボードビデオ“LENZ ”のエンディングソングを手がけるなど、常にジャンルをクロスオーバーした活動を見せる。最新アルバム『NR』では、彼のスタイルを象徴とするコントラバスを演奏しながら披露するラップをはじめ、独自のビートとグルーヴ感で湧く全16曲は必聴。

- Selected by Y.A. Mike WiLL Made-It – “The Mantra”

アーティスト:Mike WiLL Made-It(マイク・ウィル・メイドイット)、Pharrell Williams(ファレル・ウィリアムス)、Kendrick Lamar(ケンドリック・ラマー)
楽曲名:The Mantra
リリース日:2018年11月14日
ジャンル:ヒップホップ
イチ押しポイント:Mike WiLL Made-Itの手がける映画『クリード 炎の宿敵』のサウンドトラックよりPharrell WilliamsとKendrick Lamarをフィーチャーしたリードシングル。両者の共演はN.E.R.D(エヌ.イー.アール.ディー.)の『No_One Ever Really Dies』以来約1年ぶり。曲の後半から登場するKendrickは、自身のアルバム『Section.80』収録の“Hol’ Up”にオマージュを捧げるようなリリックを盛り込んでいる。

- Selected by Y.G. Mariah Carey -『Caution』

アーティスト:Mariah Carey(マライア・キャリー)
アルバム名:Caution
リリース日:2018年11月16日
ジャンル:R&B
イチ押しポイント:90年代よりトップシンガーとして君臨し続け、先日の来日公演でも圧巻のライブを披露した米の歌姫 Mariah Carey(マライア・キャリー)による4年ぶりのニューアルバム。旬のトラックメイカー達をフィーチャーして最新トレンドを盛り込んだ本作だが、往年のファンにも馴染み深い90’sテイストを感じるトラックが収録されているところも嬉しいところだ。また、配信限定の日本盤デジタルアルバムには KOHH をフィーチャーした楽曲“Runway”が収録されておりこちらも必聴。