Big Love Records x Matthew M. Williams x Cali Thornhill DeWitt によるトリプルコラボTシャツが発売

東京・原宿の『BIG LOVE RECORDS』が〈1017 ALYX 9SM(テンセブンティーン アリクス ナインエスエム)〉を主宰するMatthew M. Williams(マシュー・ウィリアムズ)、Kanye West(カニエ・ウェスト)のマーチをデザインしたことでも知られるCali Thornhill DeWitt(カリ・ソーンヒル・デウィット)を迎えたトリプルコラボTシャツを発売。

Matthewは、かつてVirgil Abloh(ヴァージル・アブロー)やHeron Preston(ヘロン・プレストン)らと共にDJ/クリエイティブ・コレクティブ Been Trill(ビーン トリル)のメンバーとして活動し、現在もアンダーグラウンド・ミュージックに魅了されている。CaliもLAのローカル・バンドを積極的にピックアップするレーベル「Teenage Teardrops」を主宰するなど、シーンに育成に欠かせない人物である。『BIG LOVE RECORDS』を運営する平田春果は、そんな両者と音楽を共通言語として親交を深めてきた。

今回のTシャツは、フロントにWilliamsとDeWittが選ぶ必聴レコード、バックにはFleetwood Mac(フリートウッド・マック)のメンバー Christine McVie(クリスティン・マクヴィー)の一説がプリントされている。またボディは、サステイナビリティを意識し、プラスチックくずなどから再生されたコットンとポリエステルのブレンド生地を採用。今Tシャツは『BIG LOVE RECORDS』の店頭、およびオンラインストアにて現在販売中。価格は24,255円(税抜)となる。

また〈1017 ALYX 9SM〉がシーズン毎にコレクション完成までの経緯を写真で追う『Preparation Book』の最新版では、同ブランドのショールームの装花を担当する平田春果がフィーチャーされているという。こちらは現在『GR8(グレイト)』で取り扱いされている。

『HHHYPE』がお届けするその他最新のファッション情報もお見逃しなく。