マジック:ザ・ギャザリングのブラックロータスが天文学的な価格で落札される

『HHHYPE(ハイプビースト)』読者の中には、かつてカードゲームにハマった人も少なくないのではないだろうか。遊戯王、ポケモンカード、デュエル・マスターズなど、カードの種類は様々だが、世界一のトレーディングカードゲームがマジック:ザ・ギャザリング(MTG)であることに疑いようの余地はない。

その人口の多さから、マジックには“激レア”と称される数々のレアカードが存在する。MTGをプレイしたことがある人であれば、モックスサファイア、アンセストラルリコール、タイムウォークなどは一度はその名前を聞いたことがあるのではないだろうか。

しかし、仮にマジック以外をTCGを含んだとしても、ブラックロータスに敵うカードは地球上に存在しない。先日のオークション落札価格を聞けば、MTGファンがこの1枚にどれだけの羨望の念を抱いているかがお分かりいただけることだろう。

eBay』では先日、このブラックロータスがなんと……16万6,100ドル(約1,850万円)という天文学的な値段で落札された。ちなみに、ブラックロータスはレアリティの低いものでも100万円以上で取引されるのは日常茶飯事。この1,850万円という価格の理由は、初版(Alpha set)であること、信頼の置ける「PWCC」が出品者で「Beckett Grading」が保存状態を9.5(10点満点)と評価したことにある。『Polygon』曰く、2018年7月に同じく9.5点の評価を受けて出品されたものは、8万7,672ドル(約980万円)で落札されたようだが、今回の落札価格はその2倍に匹敵するものだ。

1993年の発売から26年もの年月が経過しているが、今なお伝説の一枚とされるパワー・ナインのキング。筆者は熱心なMTGファンではないのだが、それでも生きている間にお目にかかってみたいものである。

ちなみに、初代『スーパーマリオブラザーズ』の驚きのオークション落札価格はご存知?