BlackEyePatch 2020年春夏プレコレクションのルックヴィジュアルが公開

『HHHYPE MAGAZINE Issue 24: The Agency Issue』でも取り上げられ、今や東京を代表するストリートブランドのひとつ〈BlackEyePatch(ブラックアイパッチ)〉から、2020年春夏プレコレクションのルックヴィジュアルが到着した。今シーズンのルックは、ベルリンを拠点に活動しているスケーター/フォトグラファー、Steffen Grap(ステファン・グラップ)がヨーロッパのストリートを舞台に撮影したものと、新鋭ラッパー Tohjiをモデルに森健人が撮影したものの2種類を公開。

今季のアイテムの中でも特に目を引くのは、独特なカラーリングのストライプのデニムジャケットとパンツ、タイダイ染めのクルーネックのスウェットとパンツ、1990年代を思わせるナイロンのトラックスーツなどのアイテム。セットアップでも、それぞれ単体でも着用可能なので、様々な着こなしが楽しめる。もちろん、同ブランドが得意とするグラフィックを多用したアイテムも幅広く展開し、コーチジャケット、シャツ、スウェット、フーディ、Tシャツ、ソックスといったベーシックなアイテムが揃う。また他にも、iPhone ケース、ボックス、テープやフレグランスペーパーといった小物も充実のラインアップ。

〈BlackEyePatch〉2020年春夏プレコレクションは、同ブランドの公式サイト、および国内外含む全国のディーラーにて販売中。

『HHHYPE』がお届けするその他最新のファッション情報もお見逃しなく。