スパイク・リー監督の最新作『ブラック・クランズマン』が2019年3月に日本公開決定

『HHHYPE』でもすでに海外版トレーラー映像をご紹介した映画監督Spike Lee(スパイク・リー)による最新映画作品『ブラック・クランズマン(原題:BlacKkKlansman)』の日本公開が決定した。

映画『ドゥ・ザ・ライト・シング』や『マルコムX』などで知られ、作品ごとに人種問題をはじめとする社会的/政治的な問題を扱う鬼才Spike Lee。第71回カンヌ国際映画祭グランプリを受賞し、本年度アカデミー賞最有力候補作品とも目されている本作のストーリー概要は以下のようなものとなっている。

1979 年、アメリカ・コロラド州コロラドスプリングスの警察署でロン・ストールワースは初の黒人刑事として採用される。署内の白人刑事から冷遇されるも捜査に燃えるロンは、新聞広告に掲載されていた過激な白人至上主義団体 KKK(クー・クラックス・クラン)のメンバー募集に電話をかけてしまう。自ら黒人でありながら電話で徹底的に黒人差別発言を繰り返し、入会の面接まで進んでしまう。問題は黒人のロンは KKK と対面することができないことだ。そこで同僚の白人刑事フリップ・ジマーマンに白羽の矢が立つ。電話はロン、KKKとの直接対面はフリップが担当し、二人で 1人の人物を演じることに。
任務は過激派団体 KKK の内部調査と行動を見張ること。果たして、型破りな刑事コンビは大胆不敵な潜入捜査を成し遂げることができるのかー!?

「KKK(白人至上主義を掲げる危険な秘密結社)」に黒人刑事が潜入、というなんともスリリングで奇抜なストーリーだが、驚くべきなのは実話をベースとした物語という点。主演のロン役は名優Denzel Washington(デンゼル・ワシントン)を実父にもつJohn David Washington(ジョン・デヴィッド・ワシントン)、その相棒フリップ役を『スター・ウォーズ』シリーズ新3部作でカイロ・レンを演じるAdam Driver(アダム・ドライバー)、彼らに加えJason Blum(ジェイソン・ブラム)やJordan Peele(ジョーダン・ピール)ら製作陣も豪華布陣となる『ブラック・クランズマン』の特報映像をまずは上から確認してみよう。2019年3月に『TOHOシネマズ シャンテ』ほか全国の劇場にて公開予定。

『HHHYPE』がお届けするその他のエンタメ関連トピックの数々もお見逃しなく。