ブロンディ・マッコイが手がける初のソロエキシビジョン “Stella Populis” に潜入

先日、〈PALACE SKATEBOARDS(パレス スケートボード)〉を離れることを突如発表したBlondey McCoy(ブロンディ・マッコイ)。イギリスを代表するスケートボーダーでありながら、〈Thames(テムズ)〉や自身の名を冠したアパレルブランドのデザイナーとしてもマルチに活躍するBlondeyが、自身初のソロエキシビジョン“Stella Populis”をイギリス・ロンドンのギャラリー『Ronchini Gallery』にて開催。

本展では、ポップカルチャー、セレブリティ、メンタルヘルスや現代における宗教観といった幅広いテーマに触れている。会場の中央には、映画『理由なき反抗』でお馴染みの俳優・Sal Mineo(サル・ミネオ)にインスパイアされた等身大の彫刻作品が鎮座し、そのほかにも“Queen Di. II”と題したダイアナ妃の姿をアルディボンド板にUVプリントで落とし込んだギミックの効いた作品や、英国の朝食をテーマに、Justin Bieber(ジャスティン・ビーバー)やKendall Jenner(ケンダル・ジェンナー)、Emma Watson(エマ・ワトソン)らセレブリティのポートレートをトーストの上に描いたユーモア溢れるアートワークの数々が並ぶ。また、本展の開催を記念したアートブック“Stella Populis”も今後発売予定となり、展示作品としても並ぶプレートが6月11日(現地時間)に同ギャラリー及び公式WEBサイトにてリリースされる。

Blondeyの次なるビジョンが垣間見えるソロエキシビジョンの様子は、上のフォトロールから確認してみよう。本展は、8月31日(現地時間)まで開催中なので、お近くを訪れた方はこの機会に会場に足を運んでみてはいかがだろうか。

Ronchini Gallery
22 Dering St.
Mayfair, London W1S 1AN
UK

『HHHYPE』がお届けするその他のアート情報は、こちらから。