BMW が“世界で最も黒い黒”でコーティングした新型 X6 を発表

「BMW」が、ベンタブラックでコーティングされた新型X6を発表する。ベンタブラックとは、英国企業「サリーナノシステムズ」が製造する“世界で最も黒い黒”と言われており、可視光の最大99.965%を吸収する顔料。「BMW」は本車両を来月開催される「フランクフルトモーターショー2019」でお披露目することを公表しているが、同時に、あくまでショーのために生産した限定車両であることも明らかにしている。

1%という低い反射率を持つベンタブラック VBx2でペイントされたこちらのBMW X6は、科学的かつ建築学的視点から開発された特別なプロジェクトだ。ベンタブラックをまとう物質は、人の目にはまるで2次元の存在のように映り、デザインの輪郭すべてが失われて見えることから、安全性が求められる自動車に適した素材とは言えない。しかし、「BMW」が使用したベンタブラック VBx2は、1%の反射余地を残すため、若干ではあるが3次元の物体であることが確認できるだろう。

「BMW」によると、このX6クーペは、ベンタブラックを採用した史上初にして唯一のクルマだという。詳細は「BMW」の公式サイト(英語版)よりご確認いただけるが、その前に世界で最も黒い四輪車のエクステリアを上のフォトギャラリーからチェックしてみてはいかがだろうか。

『HHHYPE(ハイプビースト)』がお届けするそのほかの自動車関連情報は、こちらから。