Brabus が Mercedes-AMG GT 63 S をチューニングした 800 シリーズの新型を発表

「Brabus(ブラバス)」が、富裕層に対象を絞った世界屈指のスーパーカーの祭典「Top Marques Monaco 2019(トップ・マルケス・モナコ 2019)」で、ブランドを代表する“800”シリーズの最新作を発表した。走りの本能に火をつけるMercedes-AMG GT 63 S 4MATIC+をベースに、最高級のパフォーマンス性能を誇る4ドアクーペを徹底的に改良した本車両は、800bhp/1000N・mのパワーを持ち、0-60mph(約97km)の到達時間はわずか2.9秒。最高時速は、196mph(約315km)にも到達する。GT 63 Sのスタンダードモデルは、新車開発の聖地「ニュルブルクリンク」のサーキットで、量産4シーターの最速記録を所持する一台。この車両の0-60mph到達時間が3.2秒であることを考えると、コンプリートカー製造の天才である「Brabus」の技術力の高さが伺える。

無論、「Brabus」のアップデートは、パフォーマンス面のみにとどまらない。ドイツ北西部ボトロップに本社を構えるチューニングカーメーカーは、その洗練されたオリジナルボディをよりワイドでアグレッシブなビジュアルへと更新。「Brabus」のMonoblock Z “PLATINUM EDITION”ホイールを履き、プログラムを作り直したサスペンションによって、車高も25mm下げられている。また、カーボンディフューザーに囲われた新型のステンレススチール製エキゾーストシステムは、“Coming Home”と“Sport”という2種類のセッティングを搭載した4リッターツインターボV8エンジンと結合。そして、ボディには最高峰の証として、「Brabus」のバッジが配されている。

価格を含む本車両の詳細は、「Brabus」からのアナウンスを待とう。

『HHHYPE(ハイプビースト)』がお届けするそのほかのクルマ/バイク関連情報は、こちらから。