Brabus が800馬力を誇る史上最速の Mercedes-AMG G63 “800 Widestar” を発表

「Brabus(ブラバス)」がMercedes-AMG G63をチューンアップした昨年の700 Widestarに続き、さらなる進化を遂げた新作、800 Widestarを発表する。

「ジュネーブモーターショー2019」で発表される800 Widestarは、700 Widestarをさらに強化したモンスターマシンの名にふさわしい性能を持つ。最も大きな変更は、800馬力/トルク1,000 Nmという圧巻のパワーを誇る4リッターのツインターボV8エンジンの搭載だろう。これは通常のG63と比較すると215馬力/トルク150 Nmものパワー差があり、700 Widestarを100馬力/トルク50 Nmも凌駕する。0-100km/hの到達速度はたったの4.1秒で、最高時速は240 km/h。その性能はこの無骨な外観からはとても想像ができず、間違いなく地上に存在するG63の中でも最速の部類に入るだろう。

性能面以外に言及すると、「Brabus」製の23インチ プラチナム・エディション・モノブロック・ホイール、ステンレススチールのスポーツ・エキゾースト・システム、ルーフに積んだLEDライト、カーボンファイバーで縁取りをしたフルレザーのインテリアなど、そのアグレッシブで重厚感のあるボディをさらに洗練された風貌に仕上げている。

800 Widestarは、「Mercedes-Benz(メルセデス・ベンツ)」のコンプリートカーメーカーとして培った技術と美学を惜しみなくつぎ込んだ「Brabus」の意欲作である。惚れ惚れするエクステリア、インテリアのデザインは、上のフォトギャラリーからご確認を。

「Brabus」のその他のカスタムモデルは、こちらから。