リカルド・ティッシの手がける Burberry が銀座に新たな路面店をオープン

来たる11月17日(日)〈Burberry(バーバリー)〉が、東京・銀座に新たな路面店『Burberry銀座』をオープンする。

現・銀座マロニエ通り店と同じく、マロニエ通り沿いに拡張移転する形でオープンする新店舗は、チーフ・クリエイティブ・オフィサー Riccardo Tisci(リカルド・ティッシ)による新たなコンセプトで1から作られる路面店としては日本第一号店となる。ピスタチオカラーの外壁を特徴とする今ストアは、現店舗の約3倍のフロア面積を有する。トレンチコートをイメージしたベージュとピスタチオカラーの内装にミラーや光沢素材などの様々なテクスチャーの什器を使用した3フロアで構成。このオープンを記念して、2020年春夏プレコレクションからの限定アイテムを多数リリース予定。なかでもストアの外壁と同じくピスタチオカラーで彩られたモノグラムパターンのシルクスカーフに要注目だ。

さらに、同店のオープンに際して、銀座の街で楽しめるARコンテンツも実施される。11月中に、銀座に点在するブランドの野外広告上のQRコードをスマートフォンで読み込むと『LINE』アプリが立ち上がり、場所によって異なる〈Burberry〉のオリジナルキャラクターと銀座の街を背景に写真が撮ることが可能。オープン日の11月17日(日)〜30日(土)の期間中、撮影した写真をSNSでシェアすると、銀座店オリジナルのステッカーがプレゼントされるとのこと。さらなる詳細は公式サイトからご確認を。

『HHHYPE』がお届けするその他最新のファッション情報もお見逃しなく。